コガネムシだけどナミテントウ

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。

長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを置いて語れません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないということにはなりません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大事なメリットの一つです。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
薬用ポリピュアEXっていいね!

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。

院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です